ウルシの木の活用プロジェクト2021前半

「ウルシの木の活用プロジェクト」から、2021年前半のレポート。

漆掻き後のウルシの木に新しい価値を見出して、日本の漆産業活性のサポートを目指す活動です。ウルシの木を使った商品づくりをしていますが、この活動は、異分野と積極的に協働することで、漆文化の認知を広げることや関係人口増加も目的としています。

産地に赴いてのヒヤリングや

大学のゼミ生がウルシの木の特徴と課題を学び、商品アイデアを考える産学協同の取り組み、

埼玉県でウルシ植栽活動を行っている「縄文うるしパーク」メンバーの協力で行う漆染めワークショップや商品開発など、

2021年も様々な活動を展開中です。

詳しくはこちらもご覧ください。
 ↓  ↓ ↓
https://www.feelj.jp/read/detail/urushinoki2021