ウルシの芽の天ぷら@縄文うるしパーク

縄文うるしパーク(埼玉県蓮田市)からのレポート

辺りが新緑に覆われるころ、ウルシの木からも新芽が出てきます。

植栽活動のお楽しみは、このウルシの芽の天ぷら!

葉っぱが開く前のほんのわずかな期間だけ、この珍しい旬の味を楽しむことができます。
他の山菜とくらべても、苦みやクセもないので美味しいのです!

例年は4月下旬ころですが、今年は季節の展開が早くて4月初めに急遽の天ぷら会!

ウルシ天ぷら、美味しいけれど、たまにかゆくなる人もいるので食べ過ぎには要注意です。

縄文うるしパークには他の野草も生えています。
この日はノビルとツクシ、ついでにヤブカラシも一緒に揚げてみた!

味付けはシンプルに塩で(ちなみにフランスの塩(笑)!!)。


アウトドア天ぷらの会、天気も良くて、美味しくて楽しかったです。

ウルシの芽や天ぷらについて、詳しくはこちらもご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓

ウルシスト®千晶のうるしのはなし 「ウルシの芽」のはなし